藤原さくら オフィシャルサイト

biography

藤原さくら

福岡県出身。22歳。

父の影響ではじめてギターを手にしたのが10歳。洋邦問わず多様な音楽に自然と親しむ幼少期を過ごす。
高校進学後、オリジナル曲の制作をはじめ、少しずつ音楽活動を開始。
地元・福岡のカフェ・レストランを中心としたライブ活動で、徐々に注目を集める。

2015年3月18日、スピードスターレコーズよりEP「à la carte」でメジャーデビュー。
音楽のみならず2016年4月からスタートしたフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」にヒロイン役として出演し、演技初挑戦ながら存在感を発揮した。このドラマの主題歌「Soup」はファーストシングルとしてリリースされ、オリコンウィークリーチャート初登場4位を記録。
2017年春に前・後編2部作で公開された国民的人気コミック「3月のライオン」の実写映画化の後編にて主題歌を担当。
4月からスタートのBSフジ「ポンキッキーズ」に新メンバーとして登場、エンディングテーマに「Someday」が起用される。
それらを収録したセカンドフルアルバム「PLAY」はオリコンウィークリーチャート初登場5位を獲得し、そのアルバムを引っ提げて自身初の全国ホールツアーを開催。

また、2020年の東京パラリンピックやパラスポーツへ向けて取り組むプロジェクト「アニ×パラ あなたのヒーローは誰ですか」にて、漫画家・窪之内英策の原作によるアニメーションに新曲「Just the way we are」を書き下ろし、ショートアニメのコラボレーション企画を実施。2018年には大人気テレビアニメシリーズ「コードギアス 反逆のルルーシュ」劇場版第2部に主題歌として「The Moon」を書き下ろし提供。

そして、第二章の幕開けを告げるべく、EP盤「green」をリリースし、7月15日に初の日比谷野外大音楽堂で一夜限りのスペシャルワンマンライブ"藤原さくら 野外音楽会 2018"を開催。
さらに9月29日の埼玉・戸田市文化会館での公演を皮切りに、地元の福岡市民会館まで全国9都市をまわる全国ツアー「Sakura Fujiwara Tour 2018 yellow」も決定。

天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。